ニシウリDiary

鳥や動物のオリジナルジュエリー&グッズ“HEE-HAW”の作品紹介と 自然観察や我が家のインコの話題など

すいか16才・ムーミン13才

久々のインコたちです。
今回は二人とも健康に問題ありのご報告になってしまいました。



最近のすいかの様子です。
春の健康診断は無事パスしましたが、連休明け頃にまた鼻水を出して体調を崩していました。
気温の上下が激しかったこと・やや発情気味だったこと・ヒーターの電球が緩んで動作しなかった時が重なり、気の毒なことをしてしまいました。
夏場はヒーターを使うことはほぼないのですが、梅雨時に冷える日は必ず緩みをチェックしないといけませんね。

suichi93.jpg

現在16才。
今は回復して元気に遊んでいますが、体調が戻ると再び過度にご機嫌になるため要注意です。

mumin48.jpg

ムーミンも健診はパスしてここ最近元気にやっていたのですが、今朝午前2時頃発作を起こしてしまいました。
夜中にケージの中でぶつかってバタつくような音がしました。
部屋が真っ暗だったので電気をつけて確認すると、ケージの床にうずくまって痙攣を起こしていました。
10~15分ほどで止まり木に自力で上がったのでそのまま寝かせ、朝起こしてからは普通に生活しています。
爪切りの時はビックリするからなのですが、今回のような場合いまだに何がきっかけで発作が起こるのかわかりません。

mumin49.jpg

4月で13才になりました。
爪切り以外の発作は久しぶりのことなので、これ以上症状が悪化しなければいいなと思います。

色塗り途中



少し前の時点の画像ですが、制作中の壁掛け彩色途中です。
メンフクロウとエナガ、塗り方が違ってしまい作風が少し変わってしまいそうです。
他の鳥もいろいろ作りたいですね。

高原のノビタキ



ミニカが野辺山へ行ってきました。

ya966.jpg

ノビタキです。
雄は黒い頭巾をかぶっています。
南から渡ってきた夏鳥で、これから子育てシーズンです。

ya967.jpgya968.jpg

右は雌です。

ya970.jpgya969.jpg

キビタキ
左が雌、右は雄

pla3.jpg

八ヶ岳

pla4.jpg

青空に雪渓が映えますね。

ヤマシャクヤクなど

先月つぼみだった花を楽しみに、高尾近辺を歩きました。



カヤラン
着生植物で高い木などにくっついているようです。
とても小さい花で気を付けて見ないと見過ごしそうです。

pl991.jpg

その後歩いていると、林道脇に無造作に落ちていました。
風で吹き飛ばされたのでしょうか。
あまり近くで見ることはない花なので写真を撮ってから、近くの杉の木にくっつけておきました。

pl994.jpgpl995.jpg
pl996.jpgpl997.jpg

コケリンドウ、ヤマルリソウ
チゴユリ、クワガタソウ

pl992.jpg

ヤマシャクヤク

pl993.jpg

数日で散ってしまう花だそうで、ちょうど見頃に当たり嬉しいです。

pl998.jpg

クマガイソウ

pl999.jpg

プリーツスカートのような葉、何とも不思議な造形の花です。

pla1.jpgpla2.jpg

小仏城山からの眺め、景信山から相模湖方面

~昆虫~

mushisan36.jpgmushisan37.jpg

サカハチチョウ、裏面の模様も綺麗です。

mushisan38.jpgmushisan39.jpg

ミヤマセセリ、スギタニルリシジミ

メンフクロウ



エナガの壁掛けと同時進行で、メンフクロウも作っています。
顔が白くて背中側のスポット模様が美しいフクロウです。
日本のフクロウではありませんが、動物園などでもおなじみの鳥です。
この作品は少し先ですが、秋のギャラリー展示に出品します。

エナガ



秋の展示に向けて、エナガの壁掛けを作ります。
本や画像など集めた資料を参考に下描きです。

ki292.jpg

下描きをトレーシングペーパーで書き写し、カーボン紙を使い木に転写します。

ki293.jpg

転写された図案。
これから彫刻刀で浅浮き彫りしていきます。

高尾散策

先週高尾山から日影沢を歩きました。
桜は終盤でしたが、花がいろいろ咲いてきていました。



もみじ台からの眺め
ヤマツツジと富士山

pl979.jpgpl989.jpg

ミツバツツジ、名残の桜

pl980.jpgpl981.jpg
pl983.jpgpl982.jpg

タカオスミレ、?スミレ
ヒトリシズカ、ヤマブキ

pl985.jpgpl984.jpg

ミヤマキケマン、シロヤブケマン

pl986.jpg

緑色のニリンソウ

pl987.jpg

こちらが通常の白いニリンソウ

pl988.jpg

イチリンソウ

山頂付近がかなり工事して様変わりしていました。
入山者も年々増えてケガや事故の救助も大変だと思うのですが、どんどん歩きやすくするほど軽装の人が増えるだけではないでしょうか?
強剪定されまくった桜にも悲しいものがありました。
弱った木は伐採せざるをえないのかもしれませんが、何とも情緒のない切り方でがっかりです。
山では公園と違う自然の状態の風景を楽しみたいと思うのですが。
すみません、愚痴ってしまいました;

FC2Ad

まとめ