ニシウリDiary

鳥や動物のオリジナルジュエリー&グッズ“HEE-HAW”の作品紹介と 自然観察や我が家のインコの話題など

色づくノブドウ、蝶など



ギンナンの実

pla51.jpg

ノブドウの実

mushisan84.jpgmushisan85.jpg
mushisan86.jpgmushisan87.jpg

ツマグロヒョウモン、ベニシジミ
イチモンジセセリ、アオバハゴロモ

mushisan88.jpg

ノシメトンボ

秋の渡り鳥たち



ミニカ撮影の秋の野鳥たちです。
ツツドリ

ya986.jpg

エゾビタキ

ya987.jpgya988.jpg

サンコウチョウ
この時期、ツキヒホシ(月・日・星)ホイホイホイとは鳴きませんが「ゲッ」と鳴くそうです。

ya989.jpg

アカエリカイツブリ

ya990.jpg

オナガ
留鳥ですが、自宅周辺では目にする機会がめっきり減りました。

カワウソやアナグマなど

久しぶりの更新です。
朝晩は虫の鳴き声が聞こえて、だいぶ秋になってきました。



今までフクロウやカエルなどのイラストを描いたこのピンバッジシリーズ、今回はタヌキなど動物も作ってみました。
野鳥はシジュウカラ→ヤマガラ→ヒガラとカラ類が続いているので、今度はベレー帽模様のコガラを制作。
一緒にスズメも作ってみましたが、白黒でスズメ感がちゃんと出るかどうかですね。

sv215.jpg

カワウソやアナグマの鋳造も上がってきました。
仕上げするものと原型作るものと、いろいろ溜まってきてます。
以下モデルになった動物たちの画像を少し。

tamazoo13.jpg

先月多摩動物公園で観察してきたカワウソ
なぜこんな寝相なのでしょうか。

tamazoo14.jpg

アナグマはよく動いていたのでじっくり観察できました。

tamazoo15.jpg

この日は暑かったので、ユキヒョウもぐーたらしていました。
涼しくなって動物たちが活発になった頃にまた観察に行きたいですね。

入笠湿原



入笠湿原へ行った日は快晴。
ゴンドラの頂上駅からの眺めです。

pla41.jpg

入笠湿原

pla42.jpg

湿原は夏から秋に移行しているようです。
木道を進むと、エゾリンドウが湿原を青く染め始めていました。

pla43.jpgpla44.jpg

エゾリンドウ、アケボノソウ

植物観察も楽しいのですが、今回の目的はこれ↓

mushisan77.jpg

クジャクチョウです。
平地では見られない蝶、一度見てみたいと思っていました。

mushisan78.jpg

マツムシソウにとまっていると、ハッとするような鮮やかな色です。

mushisan81.jpg

翅の表は派手ですが、裏は地味でほとんど真っ黒に見えます。
後ろを飛んでいるミドリヒョウモンの画像を用意し忘れました;

mushisan79.jpg

見つけることができてとても嬉しいです。
クジャクチョウ観察と撮影でかなりの時間つぶしたので、入笠山にも登らず植物観察も押せ押せでした。
青空だったので頂上からの眺望は絶景だったと思います。

mushisan80.jpgmushisan83.jpg
mushisan82.jpgpla45.jpg

シータテハ、アサギマダラ
ヤマキチョウ、マツムシソウ

pla48.jpgpla47.jpg
pla46.jpgpla49.jpg

ホソバトリカブト、アザミの仲間
オミナエシ、ウメバチソウ

動物もの

sv214.jpg

カワウソやアナグマなど、動物を久しぶりに制作しています。
鳥ばかり作っていましたので、先月動物園に観察に行ってきました。
動物観察もいろんな発見があって、とても面白いです。
早くも9月が一週間近く過ぎているので、スピードアップしなければいけませんね。

FC2Ad

まとめ