ニシウリDiary

鳥や動物のオリジナルジュエリー&グッズ“HEE-HAW”の作品紹介と 自然観察や我が家のインコの話題など

明日から9月!



ここ数日は秋の気候でだいぶ身体は楽ですが、日差しが無いのも困りますね。
明日からはもう9月、鋳造上がりの仕上げと原型作りが一気にたまりてんてこ舞いです。
鳥ものはだいぶ出来てきましたが、動物部門が遅れていてちょっと焦り始めてます。
来月一か月、どのくらい出来るかが勝負どころですね。

*BIRDMOREみずほ台店・HEE-HAWのBOX内に、秋の展示DMを少し置いておきました。興味のある方はご自由にお持ちください。

岡本太郎記念館



BIRDMORE南青山店に行く途中、骨董通りから駐車場を挟んで岡本太郎記念館の入口が見えます。
庭の緑もありとても良いところと聞いていたので、一度寄りたいと思っていました。
MOREさんの納品の帰りに入館してきました。
館内は撮影自由とのことで、画像を少し。
画像は庭にいた「犬」。
背中が植木鉢になっています。

tenji66.jpg tenji67.jpg

既に知らない世代の方もいらっしゃるのでしょうか。
万博のシンボル・「太陽の塔」の模型と、その内部の「生命の木」(生物の進化の過程)の模型。
幼少時でしたが、圧倒的な印象で記憶に残っています。

tenji68.jpg

「水差し男爵」

tenji69.jpg

庭の一部。
緑の中に作品がいっぱい。
人通りがない早朝には野鳥も来て賑やかなのでしょうね。

秋の展示作品



10月のGallery MADOさんで展示する作品です。
クルマサカオウムは以前も一度制作したことのあるオウムです。
その時はピンクオパールという薄いピンクの石を使用しましたが、今回はピンクトルマリンのカット石です。
実際の羽色はピンクオパールがイメージに合うのですが、このデザインではこのくらい強い色の方が良いようです。
広げた冠羽の部分には銅の小さいパーツを作り、溶接しています。
大きめのチョーカーTOPです。

sv169.jpg

こちらも大きめのヨウムのチョーカー。
鋳造屋さんに「BIGですね~」と言われてしまいました。
尾羽には銅が溶接してあります。

sv170.jpg

オウギバト(カンムリバト)です。
こちらもチョーカー&ペンダントTOPです。
胸の赤い羽の部分に銅を溶接、青~紫の羽色なのでアイオライトという青紫の石を留めました。
この石の色は写真でどうしても出なくて、ただの地味な黒い石にしか見えないところが悲しいですね。

3点ともBIGサイズなので、クルマサカとヨウムは一回り小さい実用?サイズも制作中です。

夏の海辺



少し前の時期ですが、ミニカが撮影してきた海辺の様子です。
ハマボウの綺麗な黄色い花

ya796.jpg

セイタカシギ幼鳥

ya797.jpg

成鳥は白黒くっきりの羽色で、脚は赤い色をしています。

ya798.jpg

イソシギ

ya800.jpg

カワセミ幼鳥

ya799.jpg

コムクドリ♀

ya801.jpg

コチドリ

pl711.jpg

キョウチクトウ

銅パーツ溶接中



現在制作中の鳥の作品です。
それぞれ冠羽や尾羽などに、アクセントで銅のパーツを溶接しています。
久しぶりに大きめの作品なので、作っていて楽しいです。
同じデザインで、一回り少し小さいサイズも制作しています。
今回はリアル系から少し離れたデザインにしてみました。
仕上がりが楽しみです。

FC2Ad

まとめ