ニシウリDiary

鳥や動物のオリジナルジュエリー&グッズ“HEE-HAW”の作品紹介と 自然観察や我が家のインコの話題など

アジサイの季節



梅雨時の花といえばアジサイですね。

pl613.jpg

あちこちで見頃のようです。

pl614.jpg

ガクアジサイも綺麗です。

今月出会った鳥たち



毎日のように雷雨など天気が荒れて、あっという間に今月終わりになってしまった印象です。
画像はミニカが撮影した鳥たちです。

スズメ幼鳥

ya655.jpg

シジュウカラ幼鳥
シンクロしてます!

ya656.jpg

セッカ

ya657.jpg

コチドリ

ya658.jpg

ツバメ

ya659.jpg

イワツバメ
普通のツバメと違って燕尾ではありません。

マトリョーシカUPされました。

BIRDMOREさんのサイトへ、

マトリョーシカ・フィンチ編・・・桜ブンチョウ・コキンチョウ・キンカチョウ・ジュウシマツ
インコマトリョーシカ・オカメ編A・・・ルチノー・シナモンパイド・WFパールパイド・パール・ホワイトフェイス
インコマトリョーシカ・オカメ編B・・・パイド・WFパールパイド・シナモンパール・パール・WFシナモンパールパイド

がUPされました。

「明治工芸の粋」を鑑賞してきました。



現在三井記念美術館で開催中の、「超絶技巧!明治工芸の粋」展に行ってきました。
京都・清水三年阪美術館の所蔵品・村田コレクションの名品が鑑賞できます。
金工・七宝・牙彫・刺繍・漆工など、どの作品も時間をかけて制作された素晴らしいものばかりです。
自在置物という、蝶番などでいろんな方向に動く伊勢海老や蛇・鯉などもあります。
その中でも正阿弥勝義の彫金作品と、安藤緑山の牙彫作品は群を抜いていると感じました。

正阿弥勝義の作品は以前にも目にしたことはあるのですが、材質の違いを利用したり煮色着色を施したり金属を自在に使っている印象です。
牙彫というのは象牙を使って写実的な立体物を彫りだし、彩色を施した工芸品です。
会場でも注目を集めていた安藤緑山の「竹の子、梅」は、竹の子の皮の材質感や皮の縁の毛まで再現されていました。
弟子も取らず記録もなく、現在では再現不可能と言われているそうです。
この時代の作品に共通するのは、技術の素晴らしさはもちろんですが何よりも「遊び」の精神でしょうか。
技術的に出来るのは当たり前で、その上を追及しながら見えない裏側まで拘るのはすごいですね。
メインになるような作品が目白押しで、久しぶりに見応えのある展示を堪能しました。
スズメやハト・鶏やサギなど、モチーフに鳥が多めなのも嬉しいです。
この展示は7/13(日)まで開催しています。

三井記念美術館
10:00~17:00(入館は16:30まで)
金曜日は19:00まで開館 (入館は18:30まで)
月曜休館

ベニマシコの赤い色



梅雨に入ってから豪雨や雷雨が激しく、著しい被害が出た地域もあります。
ここ数年天候の荒れに加速がついているようで大変不安になります。
子育て中の野鳥たちも、無事ヒナたちを育て上げて欲しいものです。

ベニマシコの壁掛け、♂は大体色が入りました。
「紅猿子」というだけに、この紅色がうまく出せるかどうかがポイントです。
いつも使っている赤系の色では、今一つ鮮やかさが足りない気がしました。
そこで画材屋で悩んだ挙句、普段あまり使用しないクリムソンという深紅色と、オペラレッドというピンク色を導入。
何とかベニマシコの羽色に近づけそうです。
もうすぐ今月も終了なので、秋の展示に向けて作品いろいろ作らなくてはと思います。

フィンチセット&オカメセット



マトリョーシカの完成画像です。
フィンチセットは、一番大きいサイズを除いた4個セット。
通常より小ぶりなセットになっています。
大きい方から、桜文鳥・コキンチョウ・キンカチョウ・ジュウシマツ

ki240.jpg

オカメセットはメンバー違いで二つあります。
オカメセットA
ルチノー・シナモンパイド・WFパールパイド・ノーマルパール・WF

ki239.jpg

オカメセットB
パイド・WFパールパイド・シナモンパール・ノーマルパール・WFシナモンパイド

ノーマルとシナモンの色の違いが画像では良く判りませんね;
シナモンはもう少し茶色を帯びているのですが。

ki241.jpg

Bセットから、パール系の子たちの背中側です。

こちらの作品は、BIRDMOREさんに納品予定です。

キンカ&コキン



まだニス塗り前ですが、次回納品予定のマトリョーシカの一部です。
画像はフィンチセットから、キンカチョウとコキンチョウです。
フィンチは今まで文鳥セットしか作ったことがなかったのですが、この二つを入れたらとても派手なセットになりました。

ki236.jpg

こちらはオカメセットから、それぞれ真ん中サイズの子たちです。

ki237.jpg

カグーの壁掛けも、じりじり進めてます。
ベニマシコが一向に進んでません;

ビーズ織りのインコパーツ



ビーズ織り新作に使う予定の、パーツいろいろです。
何になるかお楽しみに!

豊作



今年は庭のブルーベリーが豊作です。

pl610.jpg

数もたくさん成っていますが、何よりも一粒一粒が大きい!
案の定、野鳥の皆さんも楽しみにしているようで早くも完熟前についばまれたりしています;
人間が食べる分を残しておいて欲しいのですが。

pl611.jpg

イチゴも美味しそうに色づいています。

カグー



猛暑の後、梅雨入りして暑さからは解放されましたがずっと晴れ間がなくなりそうですね。
だいぶ前に撮った画像ですが、個展用の壁掛け・彫り作業の様子です。
カグーという、ニューカレドニア島にしか生息していない鳥がモチーフです。
日本では現在、横浜の野毛山動物園でのみ飼育されています。
一昨年横浜方面の企画展に出展した際、ギャラリーが動物園の近所だったので観察する機会がありました。

birds1.jpg

その時も画像を掲載したと思いますが、こんな鳥です。
ツルとクイナをミックスしたような容姿ですが、淡い羽色で冠羽を広げると大変綺麗です。

マトリョーシカを先に塗っているので、まだ彩色が塗り始めで止まってます。
ギャラリーに展示した時、見栄えがするといいなと思っていますが、どうなるでしょうか。

ki234.jpg

マトリョーシカは、あともう少しで彩色完了です。

FC2Ad

まとめ