ニシウリDiary

鳥や動物のオリジナルジュエリー&グッズ“HEE-HAW”の作品紹介と 自然観察や我が家のインコの話題など

幼鳥が見られる季節



シジュウカラ幼鳥

早いもので明日からもう7月ですね。
少し前ですが、ミニカが野川で撮影してきた野鳥たちです。

ya566.jpg

スズメの親子

ya567.jpg

ハクセキレイ
小魚を捕まえています。

ya568.jpg

バンの親子

ya569.jpg

巣材を集めるツバメ

ya570.jpg

オナガ

ya571.jpg

カルガモの親子
無事成長したでしょうか。

ya572.jpg

カワセミ幼鳥
近くに親鳥がいるので、餌をねだっているところです。

野鳥たちは、子育てに忙しく動き回っていたようです。
ヒナたちも無事生き抜いてほしいですね。

オセロットの図案



ズーラシアで観察してきたオセロット、記憶が新しいうちに図案を考えています。
秋の個展用の壁掛けです。
毎年哺乳類の壁掛けも飾りたいと思いながら、いつも彫る時間が無くて時間切れ。
今年は早めに取り掛かりました。
観察に行った時、樹上では主にお休みスタイルだったのですが、何とかポーズを捏造しました。
熱帯雨林の雰囲気が出せるといいなと思います。

コザクラなど彩色中

ki206.jpg

コザクラインコその他、壁掛けの彩色をしています。
ウソの壁掛けを同時進行したいのですが、塗る色の系統が違いすぎて真っ白です;
インコと野鳥では、やはりだいぶ色合いが違いますね。
サザナミとマメルリハもおなじみの図案なので、そろそろ新しいの考えなくてはと思っています。

オウギバトなど



ズーラシアで観察した鳥たちです。
オウギバト
ウォークイン・バードケージなので、近くで観察できました。
冠羽がとても綺麗ですが、近くで見るとものすごく大きいハトです。

zoo177.jpg zoo178.jpg

カンムリシロムク、パラワンコクジャク

zoo179.jpg

オオワシ

zoo180.jpg

ヨーロッパオオライチョウ
これもまた猛禽かと思うくらい大きな鳥です。
この鳥も東京都の動物園にはいないので、ここに来ると観察が楽しみな鳥です。

zoo181.jpg

キジのご飯を頂戴する若スズメたち

pl558.jpg pl559.jpg

園内で咲き始めたネムノキの花とユリの花

楽しみにしていたギンケイが、換羽中でちょっと残念。
オセロット中心に園内を行ったり来たりしていたので、いろいろと時間切れ;
日本の里山コーナーを見忘れました。
また鳥中心に観察できればと思います。

オセロットの観察

zoo170.jpg

横浜のズーラシアへ、オセロットの観察に行ってきました。
秋の個展用に作品を作りたいと思っています。
実物が観察したかったのですが、あいにく都内の動物園にはいないのです。

zoo169.jpg

アマゾンの熱帯雨林などで主に樹上生活しながら、小動物や鳥などを捕食しているそうです。
泳ぎも得意だとか。
模様が特徴的ですね。
この日はやや曇りがちで湿気もあったので好きそうな気候だなと、開園後真っ直ぐオセロットコーナーへ。
画像は休んでばかりですが良く動いていて、案外長い時間観察できました。

zoo171.jpg

どんな作品を作るか考えなくては~。

zoo172.jpg zoo173.jpg

オカピ
あかんべぇしながら歩いてます。

pl556.jpg pl557.jpg

園内に咲いていた、アメリカディゴとユリ

zoo174.jpg

アカカワイノシシ

zoo175.jpg

カピバラ
お留守番のでかい犬みたいです。

次回はズーラシアの鳥たちをUPします。

秋の展示予定

今後の展示予定です。

横浜・京急百貨店 「幸せを運ぶ小鳥の作品展」 9/5(木)~9/10(火) 鳥モチーフのみ

西荻窪・Gallery MADO シルバージュエリー個展 10/31(木~)11/5(火) 鳥・野生動物モチーフ

個展の前に、企画展に参加することになりました。
この二つの展示の間に、カービング展にも参加することになりそうです;
あれもこれも準備で、忙しい夏になりそうです。

コザクラインコとウソの下描き



壁掛けの図案を考え中です。
こちらはコザクラインコ。
今までありそうで作っていませんでした。
色はノーマルで作ろうかなと思っています。

ki204.jpg

こちらは野鳥のウソ。
秋の個展用にする予定です。
植物を悩みましたが、今年観察できた「桜ウソ」にすることにしました。
いつかバードカービングで、この組み合わせで作ろうと思っています。
なので桜の時期に、つぼみが開花する写真は撮りためていました。
資料は集めておくものですね。
個展用に、壁掛けはあと数点用意できればと思ってます。

先月目の調子が悪かったので、やることがたまりにたまってきています。
雑貨と並行してシルバーもいいかげん新作作らなければ~。

井の頭・熱帯鳥温室閉館



6/2(日)、井の頭自然文化園の熱帯鳥温室が閉館しました。
1962年から建物の改修や鳥のラインナップを変更しながらずっと続けてきましたが、老朽化のため幕を下ろすこととなったそうです。
子供の頃から親しんできたところなので、とても残念です。
大勢の人が集まる場所ということで安全面を考えてのことと思うのですが、古い建物がまた一つ消えてしまうのは寂しいです。
この入口看板も大好きでした。

zoo158.jpg zoo159.jpg
pl555.jpg zoo160.jpg

高い天井に生い茂る植物、その中を飛び交う鳥たち。
熱帯雨林の中にいるかのような感覚になります。

zoo161.jpg zoo162.jpg

1Fから天井を見上げたところ(左) 2Fの通路(右)

zoo163.jpg

1F通路、温室の歴史を綴る掲示コーナー。
うまく写せなかったのですが、白い柱はアーチ状になっていてシンプルな線模様が入っています。
古い建物ならではの、当時の洒落たデザイン感覚です。
現在の建築物は家電みたいなのばっかりで、味気ないです。

zoo164.jpg zoo165.jpg
zoo166.jpg

鳥たちは一部が仮施設に収容され、他は上野・多摩ZOOへ移動するそうです。
思いのほか世界のいろんな鳥が身近に観察できるところだっただけに、惜しいことです。
新しい場所に慣れて長生きしてほしいですね。

zoo167.jpg zoo168.jpg

*おまけ*
カピバラと象のはな子

FC2Ad

まとめ