ニシウリDiary

鳥や動物のオリジナルジュエリー&グッズ“HEE-HAW”の作品紹介と 自然観察や我が家のインコの話題など

寒桜メジロ



楽しみにしていたカンザクラメジロを、ようやく観察することができました。
昨年ほどの大群ではありませんでしたが、群れでやってきて夢中で蜜を吸っています。

ya418.jpg ya419.jpg

ヒヨドリも、たくさんやってきていました。

ya420.jpg

今回のケッサク(笑)
桜ゴンドラに乗るメジロ

ya421.jpg

シロハラ

ya422.jpg

エナガ

園内が賑やかに



再び、新宿御苑に行ってきました。
先々週に比べいろいろな花が咲き進んでいました。
画像はカンヒザクラです。

pl419.jpg pl420.jpg

オカメザクラ(左) ハクモクレン(右)

pl421.jpg pl422.jpg

スミレ(左) クリスマスローズ(右)

pl423.jpg

クリスマスローズの花壇

pl424.jpg

ボケの花

ソメイヨシノやヨウコウなどの桜は、もうすぐにでも開花しそうな感じでした。
他にもキブシやレンギョウも綺麗に咲いています。
来週以降はもっと賑やかになりそうですね。

カタクリの花



いつまでも朝晩の冷え込みが続きますが、梅も見頃となり桜ももうすぐという感じになってきました。

井の頭公園
カタクリもようやく咲きました。
(文化園内野草園にて)

pl414.jpg

ヒュウガミズキ

pl415.jpg

河津桜

pl416.jpg pl417.jpg



ya416.jpg

寒緋桜にやってきたメジロ

ya415.jpg

ヒヨドリもやってきました。

和鳥舎の鳥たち



井の頭自然文化園・和鳥舎の鳥たちです。

ウグイス

zoo118.jpg

ヤマガラ

zoo119.jpg zoo120.jpg

ウソ
左(♂) 右(♀)

zoo121.jpg

オオルリ

ここは鳥種が豊富で楽しめます。
特にガラス越しで観察できる鳥舎は、いろいろな行動を見ることができてとても楽しいです。

やっと仕上げ段階



ずいぶん前に取り掛かったマトリョーシカ。
途中何度も作業が中断して、やっと仕上げ段階にこぎつけました。
今回はオカメセット2種類・文鳥セット1つです。
画像は、それぞれのセットから中間の大きさの3羽です。

目が入りました。



シメの目を入れました。

carving78.jpg

シメの目は明るい茶色をしているので、今回使用したガラスも色が薄いもの。
目の縁をパテで形作る作業は、今回全部自力です。
なのでやや腫れぼったい気も;

次回からはいよいよ彩色に入ります。

ナナカマドのペンダント



画像はナナカマドという植物がモチーフの、ペンダントTOPです。
自然観察がご趣味のお母様へプレゼントされるとのことで、オーダーで制作させていただきました。

以前この植物と、北海道大雪山に生息するナキウサギの組み合わせで作品を制作しました。
今回は植物が主役になっています。
北海道では街路樹としても植えられているようで、冬に赤い実が熟すと野鳥たちのご馳走になります。
よくレンジャクやツグミなどが食している写真を見ますが、とても綺麗な光景です。
実の部分には、オレンジサファイアのカット石を二つ石留めしました。
実際はもっとたくさんの実が成るのですが、デザインですっきりまとめてみました。

S様、オーダーありがとうございました。

コセイガイインコのマメつぶ



先日BIRDMOREさんのサイトへUPされた作品をご紹介します。
コセイガイインコの、マメつぶマスコットです。
コセイガイインコは、ゴシキセイガイインコより一回り小柄なロリキートの仲間です。
野生ではオーストラリアで、ゴシキセイガイなどと一緒にいる場合もあるようです。
画像の子は原種(ノーマル)ですが、ルチノーやオリーブといった色変わりも作られています。

マメつぶマスコットは他にもいろいろいますので、ぜひサイトをご覧下さいね。

日差しは春、風は冬



新宿御苑に行ってきました。
せっかくの晴れだというのに冷たい風で、なかなか暖かな春になりません。
この寒桜は4~5分咲きくらいになっていましたが、まだ咲いていないものもありました。

pl401.jpg

まだ蕾がたくさん残っています。
寒さで開花自体が遅れなかなか咲き進まないようですが、少しずつ花を増やしているようです。
昨年のあの日から一年が過ぎましたが、こうして今年も着実に春を迎えようとしています。

pl402.jpg

この木は毎年花が咲くと、メジロの大群が蜜を吸いにやってきたものです。
楽しみにしていたのですが、今年はメジロもヒヨドリも2~3羽くらいがやってくるのがせいぜい。
群れになるほどいないのか蜜が少ないのか、とにかく残念です。

pl403.jpg pl404.jpg

梅も数本を除いて、まだ蕾だらけでした。
画像のものはかなり咲いていました。

pl405.jpg pl406.jpg

サンシュユは見頃を迎えていました。
小さい星のような花が青空に映えます。

pl407.jpg pl408.jpg

ウグイスカグラ(左) オオイヌノフグリ(右)

pl409.jpg

キブシ

pl411.jpg pl412.jpg

クリスマスローズも綺麗に咲いていました。

キーリング・マメつぶなど

BIRDMOREさんのサイトへ、

キーリング・・・セキセイ・オパーリンブルー、セキセイ・黄ハルクイン、スズメ
マメつぶマスコット・・・ゴシキセイガイ、コセイガイインコ、サザナミインコ など
シルバーチャーム・ピアス・・・オカメインコ・セキセイインコ
シルバーペンダントTOP・・・オカメインコ・スズメ

などがUPされました。

キングチーターなど



先日、久々に多摩動物公園に行ってきました。
画像はチーターの親子。
左の2頭が子供、右がお母さんです。
中央に写っている子供は、斑点模様がつながっているキングチーターです。

zoo109.jpg

背中側から見ると、こんな模様です。
1枚目の画像の母チーターと比べて見てください。

zoo110.jpg

立派な模様で凛々しいイメージですが、女の子です。
まだ表情があどけないですね。

zoo111.jpg

キリンの子供もいました(中央)。

zoo112.jpg

親に比べるとまだまだ小さいですね。
立派に成長してほしいです。

zoo113.jpg

親と一緒でないと判りづらいのですが、このシマウマもまだ若いです。

zoo114.jpg

ウォークイン・バードケージ内の、タゲリ。

zoo115.jpg

手前がエリマキシギ、後ろがタゲリ、右の小さいのがハマシギです。
エリマキシギには、まだ襟巻きがありませんでした。

zoo116.jpg

アオバネワライカワセミ。
変なワライカワセミだな・・・と思ったら種類が違いました。
もう少し小柄で、クチバシもしゃくれています。
目の感じや頭の模様が、カケスみたいな印象です。

この日は残念ながらだんだん曇り空になってしまいましたが、また天気の良い日にいろいろ観察しに行きたいです。

カンムリシロムクの壁掛け



以前制作途中の画像を掲載した、カンムリシロムクの壁掛けが完成しました。
こちらはミニカとニシウリ2人がお世話になった方へ、プレゼントとして制作したものです。
カンムリシロムクは、その方が思い入れのある鳥とのことで今回題材となりました。

カンムリシロムクはバリ島に生息する鳥で、生息環境の破壊・飼い鳥目的の乱獲などにより野生個体が著しく減少してしまいました。
西部の国立公園内で生息していたようですが、2006年頃には野生個体がほとんど観察されなくなってしまったそうです。
その後、動物園などの繁殖により増やした群れを数回に渡り放鳥して数は回復しているようですが、その群れから順調に若鳥が増えてくれているのでしょうか。

今回背景に配置する植物がなかなか決まらず、困りました。
果実・昆虫食というのは判るのですが、具体的にカンムリシロムクが野生で何の果実を食すのかさっぱり判らず;
じゃあバリに自生している果樹ということで、いろいろ調べた結果、野生種のマンゴーに。
でも熟しても皮は青いままという記述もチラホラ・・・それではあまりにも彩りが寂しいので黄色も混ぜて脚色してみました。

左側のカンムリシロムクの姿は、冠羽を広げて鳴くディスプレイをしているところです。
動物園で観察した時、とても印象的な動作だったのでこのポーズを入れました。

脚パーツ合体



シメの脚、はんだ付けした状態です。
木の台に各パーツを固定して行うのですが、これが案外難しくて時間かかってしまいました。
何とか付きましたが、ビミョーに曲がって付いている所が;
次回は本体に目を入れる作業です。
土台の枝や葉がいまだになかなか作れなくて、ちゃんと仕上がるか不安になってきました。

FC2Ad

まとめ