ニシウリDiary

鳥や動物のオリジナルジュエリー&グッズ“HEE-HAW”の作品紹介と 自然観察や我が家のインコの話題など

キーリングやマメつぶなど

BIRDMOREさんのサイトへ、

キーリング・・・セキセイ(オパーリンブルー・黄ハルクイン)
マメつぶマスコット(再納品)・・・ヨウム・セキセイ白ハルクイン他
シルバーペンダントTOP・チャーム(再納品)・・・オカメ・セキセイ

がUPされました。

インコ・マトリョーシカは、既に売り切れてしまったようです。
楽しみにされていた方がいらっしゃいましたら、申し訳ございません。
また制作致します。
MOREさんのサイト、既に画像削除されてしまってますので、サザナミ編2(モーブのセット)の画像貼っておきます。


ムーちゃん、記念撮影。



梱包前に、サザナミブルーのマトリョーシカと記念撮影しておきました。
ムーミン、頭の羽が立ってますが;
臆病なので、見慣れないものを見せると尾羽を広げて警戒するのですが、これは大丈夫だったようです。
自分と同じ色だからでしょうか。

goods14.jpg

ちょっと前になってしまいましたが、素敵なものをいただいたので画像貼っておきます。
トゥーカン(オニオオハシ)のチョコレート。
卵形のチョコもついてます。
もったいなくて、なかなか食べられませんね。

ももずきん&アルクマご夫妻、ありがとうございました。

寒桜とメジロ



今年も、寒桜とメジロの季節がやってきました。
ミニカが、新宿御苑で撮ってきた画像を紹介します。

ya295.jpg

花の蜜を吸いに、1本の木にものすごい数のメジロがやってきます。

ya296.jpg

ポーズをとってくれました。

ya297.jpg

可愛いイメージですが、目は案外鋭い!

ya298.jpg

メジロが大人気の横で、ヒヨドリも。
この鳥も一見地味ですが、花との組み合わせはとても綺麗です。

pl329.jpg

こちらは、河津桜です。
この桜も綺麗ですね。

マトリョーシカ・サザナミインコ編



BIRDMOREさんへ次回納品予定の、サザナミインコのマトリョーシカです。
こちらは「サザナミインコ編1」で、クリームイノが入っています。
「2」は、イノが無くてモーブが入っているセットです。

ki30.jpg

模様があるカラーの、後ろ姿です。
腰のさざなみ模様も描いてあります。

ki31.jpg

一緒に納品予定の、「南米編3」です。
ベニコンゴウ・スミレインコ・シロハラインコ・ニセイワウロコ・マメルリハのセットです。

ki32.jpg

転がさないと見えませんが、この人たちはおしりの羽色も塗ってみました。

庭にやってくる鳥たち



雪と雨と風が、立て続けにやってきましたね。
庭の野鳥の画像です。
雪が降った翌日の写真なので、背景の白いのは雪です。
スズメは喧嘩ばかりしています。

ya289.jpg

シジュウカラ

ya290.jpg

ヒヨドリ
頭がボサボサです。

ya291.jpg

メジロ

ya292.jpg

カワラヒワ

ya293.jpg

スズメを威嚇するカワラヒワもいます。

pl328.jpg

福寿草も咲き始めました。

ハイブリッドオウムの壁掛け



スミインコと同時進行していた、ハイブリッドオウムの壁掛けです。
この子はお父さんがタイハクオウム、お母さんがアカビタイムジオウムのハイブリッドだそうです。
両方の鳥種の特徴を継いでいるので、オーナーさんによると見る時によってタイハクのようだったり、アカビタイのように見えたりするそうです。

coo-chan1.jpg coo-chan2.jpg

左右とも、モデルになった鳥さんです。
タイハクより冠羽は短く、アカビタイほど目の周りの裸出部分がありません。
なるほど不思議な魅力がありますね!

DSCF0019.jpg

ろうまくの付近と耳羽のあたりが薄く黄色がかっているとのことで、彩色も同じように塗りました。
以前制作した同じタイハク×アカビタイの子は、ろうまく付近がもう少しアカビタイ寄りのサーモンピンクがかった色をしていました。
こうした個体差も、ハイブリッドの子たちの魅力ですね。

H様、オーダーありがとうございました。

色塗りに入ります。



キビタキのバードカービング、鳥本体は色塗り前まで出来上がりました。
目をパテではめこんで、脚もセット完了です。

carving60.jpg

台は、こんな感じになりました。
角材の角に金具を埋め込んで、流木を取り付けてあります。
水場の鳥ではないのになぜ流木なのか、気になりますよね~;
本当は丸い細い枝にしたかったんですが、そうすると脚作りが難易度UPになってしまうんだそうです。
鳥が乗る所がなるべく平らな方が、初心者はやりやすいとのことで流木になりました。
たまたま流木のあるところに、キビタキがとまったんだなと思っていただければ(笑)

carving61.jpg

流木も鳥も脱着式です。
持ち運びに便利。

キビタキにはラッカーとジェッソを塗って、次回からいよいよ彩色です。

スミインコの壁掛け



スミインコの壁掛けが完成しました。
スミインコは大型のローリー(果蜜食のインコ)で、照りのある黒い羽を持つインコです。
一見全身真っ黒ですが尾羽の裏側は派手なので、正面からのポーズで作ってみました。
ローリーやロリキートは首が長く伸び、グネグネとした独特の動きをするのですが、その特徴が出たでしょうか。

kuro-chan.jpg

モデルになった鳥さんです。
インコといえば派手な羽色をイメージしがちですが、黒い羽のインコというのは格好良いですね!

A様、オーダーありがとうございました。

ヒヨドリの壁掛け



「ヒヨドリと河津桜の実」、完成画像です。
デザインを決めた時にも書きましたが、この光景は6月頃に見られます。
この実が成るための花がそろそろ咲き始め、今月末頃は見頃になると思います。
花とヒヨドリの組み合わせも素敵ですが、赤い実と一緒の様子もなかなか賑やかになりますね。

hiyomaru-chan1.jpg

実は左のヒヨドリには、モデルさんがいます。
ご依頼された方が、一時保護した「ひよ丸ちゃん」です。
似ているでしょうか?

hiyomaru-chan2.jpg

傷を負っていてとても危なかったそうなのですが、懸命の介護により回復したとのこと。
でも野生で暮らせるほど飛べなくなってしまい、今は野生動物の保護センターで暮らしているそうです。
画像は、保護されていた時のものだそうです。
元気になって良かったですね!

ももずきん&アルクマご夫妻、ありがとうございました。

新しい南米編



このところ寒かったですが、今日は久しぶりに暖かい一日でしたね。
オーダーの壁掛けは、順調に進んでいます。
一部メンバーを入れ替えて、南米編のインコ・マトリョーシカも作っています。
画像左はスミレインコ、右はシロハラインコです。
スミレインコはアケボノインコの仲間ですが、ちょっと猛禽のような模様でかっこいいですね。
こちらは、サザナミのマトリョーシカと一緒に今月納品予定です。

野川の鳥たち



先週ミニカが撮ってきた、野川の野鳥です。
コゲラ、とても近くに来たそうです。

ya283.jpg

カワラヒワに溶け込んでいる、マヒワ。

ya284.jpg

ya285.jpg

お隣のカワラヒワと息がぴったり、行動がシンクロしています。

ya287.jpg

頭の部分が色抜けした、カワラヒワ。
パイドみたいになっています。
ちょっと十姉妹のようにも見えますね。

ya286.jpg

こちらは普通のカワラヒワです。
色抜けしただけで、ずいぶん印象が変わってしまいますね。

FC2Ad

まとめ