ニシウリDiary

鳥や動物のオリジナルジュエリー&グッズ“HEE-HAW”の作品紹介と 自然観察や我が家のインコの話題など

シジュウカラ壁掛け



ナナクサインコと同時進行して制作していた、野鳥の壁掛け・シジュウカラです。
こちらの方がカービングのものより実物に近い色に出来たでしょうか?
壁掛けを制作する時、以前は翼の構造がわからずに何となく雰囲気で描いていました。
そのためになかなか図案が決まらないことも・・・
バードカービングを始めたおかげで、案外すんなり描くことが出来ました。

新緑の中でツーピー、ジュクジュク・・・と鳴き交わすシジュウカラの様子を思い浮かべていただければと思います。

シジュウカラ2体目



シジュウカラのカービング・メスバージョンがようやく出来上がりました。
この画像では写っていませんが、ネクタイは前回のオスより細く描いています。
よく観察すると頬の白に比べて腹側の色は少し汚れたような色なので、その違いを塗り分けてみました。
今回も全体に羽色が青くなりすぎてしまい、前回の反省が生かされない結果に;
彫りの点では大きさも形もダメダメなので、引き続き自習用3体目で試行錯誤してみようと思います。

教室では次回からカワセミにチャレンジします。
最近鳥見でよく観察していたので、形は難しそうですがきれいな青い羽を塗るのが楽しみです。

carving34.jpg

下が1体目のオス。
やっとお嫁さんをお迎えできました。

ナナクサインコ



ナナクサインコの壁掛けが出来上がりました。
最初つがいにしようかと思いましたが、仕上がりが派手になるのでオス同士にしてみました。
腹側の黄色~黄緑の羽は、少し絵の具をぼかしてグラデーションにして描いています。
考えてみたら草インコ系の作品はお初でした。
また機会があれば、他の種類も作ってみたいと思います。

春の庭の様子

pl187.jpg

今日はあいにくの天気でしたが、ここ数日の暖かさであちこちで桜が咲き始めたようです。
家の庭でも春になって、いろいろ花が咲いています。
摘まずに残しておいたブルーベリーの花や、黄色があざやかなレンギョウの花が咲きました。

pl188.jpg pl189.jpg

タチツボスミレもひっそり咲いています。
ハナカイドウのつぼみも膨らんできました。

pl190.jpg pl191.jpg

下向きに咲くバイモユリと、ムラサキハナナ。

庭に来る野鳥たちもやってくる頻度が減り、春になって自力で餌を探しているようです。
餌台のご飯の量も、終了に向けて減量しています。
少し前までやってきていたシメやカワラヒワ・ジョウビタキなどは、ほとんどやってきていません。
そろそろ冬鳥シーズンも終わりのようですね。

オカメ下書き



オーダーのオカメインコ壁掛けの下書きです。
手前はパイドの子なので、明るい雰囲気になりそうです。

次回納品分はもうすぐ完成予定。
壁掛け2枚+シルバー補充分になりそうです。
シルバーも新作出さなければ;

アーツ&クラフツ展



東京都美術館で開催中の、「アーツ&クラフツ展」に行ってきました。
19世紀後半にイギリスで始まったデザイン運動から生み出された、美しい工芸品の数々を見ることができます。
今回はロンドンのヴィクトリア&アルバート美術館からの展示品が来ているので、とても楽しみにしていました。
以前一週間ロンドンに旅行した時、この美術館の収蔵品の素晴らしさに2日を費やしたものです。
久しぶりにウィリアム・モリスの作品を見て、デザインの美しさを実感しました。
家具やテーブルウェアなど、他の国にもどんなふうにアーツ&クラフツ運動が伝わっていったのかを辿ることができました。

上野公園には、オオカンザクラが咲いていました。
帰りに別な公園へ寄り、カイツブリの親子を見てきました。
ほとんど親と同じくらいの大きさになっていましたが、まだ顔にはシマ模様が残っていました。
無事大きくなってほしいですね。

pl192.jpg

アケボノインコ・ペンダントTOP



オーダーで制作致しました、アケボノインコのシルバーペンダントTOPです。
コバルトブルーのきれいな羽色のインコですが、クチバシにも特徴があるので銅を貼って表現してみました。
制作にあたって、画像も送っていただきデザインを起こしました。

200704201341000.jpg

モデルになったアケボノさんです。
大きなクリクリな目も可愛いですね!

小金井公園・鳥見編



少し遅出のスタートでしたが、暖かい鳥見日和となりました。
ほとんどバードサンクチュアリの周辺をウロウロするにとどまりましたが、アオゲラやトラツグミにも出会えました。
ヤマガラやエナガ、ルリビタキやシロハラ・オナガも観察。
ここのサンクチュアリは柵で仕切られているので、外から覗くスタイル。
なのでサンクチュアリから声や気配がした場合、うっそうと茂った雑木林の中を探すことになるのですが、これが結構楽しいのです。
イカルの鳴き声なども聞くことができて、なかなか楽しい一日となりました。

コンデジしか持って行かなかったので、野鳥画像がなくてスミマセン;

小金井公園



壁掛けの塗りが無事終了したので、鳥見も兼ねて小金井公園を散策してきました。

pl183.jpg pl184.jpg

サンシュユと、枯れかけてきていましたが残りの花を咲かせていた梅。
梅園はほとんど終わっていたので、残念です。
来年はぜひ満開の時に訪れたいものです。

tatemonoen1.jpg

江戸東京たてもの園にも寄りました。
現地保存の難しい歴史的建造物が移築・復元されているそうです。
古い建物はしっかり作られていて、とても立派で美しいです。

tatemonoen2.jpg

デザインが見事な建物ばかりです。
ここまで凝ったものを作り上げるには、大変な手間と技術が必要なのでしょうね。

tatemonoen3.jpg

上の画像で、一番右の建物です。
昭和初期の建造物だそうです。
壁面の青い部分は銅板を張りめぐらせて、美しい幾何学模様にしてあります。
時代を経て良い具合に変色していますね。

色塗り進行中



壁掛けの色塗り、完成に近づいてきました。
ナナクサは微妙な色合いが難しい鳥ですね。
この写真を撮ったカメラはどうも青紫系の色が苦手なようで、一番再現できたと思った翼の色が普通の水色にしか見えなくて残念です。
後は背景の植物と枠を塗って、ニス塗りをして完成です。

新宿御苑

新宿御苑のインフォメーションセンターで、バードカービングの先輩方が展示をされていたので行って来ました。
今回も力作ぞろいで、会場内を何回も行ったり来たり。
今教室で作っているシジュウカラ2体目は、塗りの真っ最中なのでいろいろ勉強させていただきました。

その後、御苑の中も散策してきました。
梅はもうお終いですが、あちこちで他にも花が咲いていました。

pl172.jpg

ボケとサンシュユ

pl173.jpg pl174.jpg

シュゼンジザクラとミツマタ

pl175.jpg pl176.jpg

沈丁花とハナニラ

pl177.jpg

カワヅザクラ

pl178.jpg pl179.jpg

色とりどりのクリスマスローズ

pl180.jpg

白や赤紫などたくさん咲いていてとてもきれいでした。

pl181.jpg

小さめに改良された、オカメという品種の桜だそうです。

満開のカンザクラの花などに、ものすごい数のメジロが群がっていました。
花の数もあれだけあればバイキング状態ですね。
午後数時間でしたが、ヤマガラやツグミ・オナガなども観察出来ました。

FC2Ad

まとめ