ニシウリDiary

鳥や動物のオリジナルジュエリー&グッズ“HEE-HAW”の作品紹介と 自然観察や我が家のインコの話題など

いろいろな材料



sv10.jpg
「どうやって作っているのですか?」とよくご質問をいただきますので、簡単ですが作り方について書いてみようと思います。
ジュエリーの制作方法にはいろいろあるのですが、私の場合1つは地金から制作するタイプ。
1枚目の写真に写っている銀や銅の丸線・角線・板(地金と呼んでいます)を糸鋸で切り、火で何回もやわらかくしながら木槌・金槌・ヤスリなどで成型していく方法です。
以前ご紹介した作品ではハリネズミリングや文鳥・サザナミインコのペンダントTOPなどがこの制法です。
一方ロストワックス、キャストという制作方法があります。
2枚目の写真に写っているワックスという色つきローソクみたいなやわらかいものがありまして、これを歯医者さんが使うスパチュラやヤスリで削って金属に鋳造します。
チューブ型のものは必要な長さに切ってリングの原型作りに使用します。
ムササビやウサギのペンダントTOPがこちらのタイプで作っています。

一般的には地金ものはエッジをシャープにしたいものや1点ものなどに、ワックスはボリュームのあるデザインや型取りして複数作りたい時などに使います。
その時々の作りたいデザインに合わせていろいろ使い分けをしています。




まめまつり

今日は友達が出展している「まめまつり」を見に浅草橋へ。
豆本という小さい本+雑貨などのクラフト展でした。
刺繍をほどこした布を製本したもの(文字も細かく刺繍してあってびっくり)、1センチより小さくめくるのも大変な超豆本など、これ本当に手作りなの?というものばかり。
鳥&動物度は高くなかったけれど、手間のかかった良い仕事をたくさん見ることができて勉強になりました。

鳥飲み会!

昨日はトリノカタチ展の作家さん交流飲み会に参加させていただきました。
お誘いいただいた「桐のもり」さん「しろぶんぶん」さん、どうもありがとうございました
ふだん作品のみを拝見させていただいているので、直接他の作家さんたちとお話できるのは本当に貴重な機会です。
といっても終始制作より鳥の話のみしていたような・・・
でも鳥話をえんえん何時間もできるなんて、スバラシイと思いました。
またこんな機会があったらぜひ参加したいです。

ようやく

庭に設置した餌台(1/20の日記をご覧ください。)を頻繁にシジュウカラが使用している様子。
それを見たスズメがじりじりと近づいて迷っていると、ヒヨドリに追い飛ばされる。を繰り返しています。
ヒヨドリはミカン狙いなのでこの餌台には関係ないんですがね~。
スズメたちは常連さんなので早く慣れて欲しいです。


トリノカタチ展


今日から開催されたトリノカタチ展2(下北沢のspace sproutにて31(火)まで)に行ってきました。
鳥モチーフの作品ばかりが並ぶ鳥好きにはたまらないイベントです。
どれも作家さんの作品なので既製品にはないものばかり。
前回の1回目より参加作家さんが多いので作品数もあり見ごたえがありました。
今回は残念ながら参加できませんでしたが、次回はぜひ参加したいです。
画像は初日と最終日のみお目見えするスペシャル企画のクッキー!
かわいくて食べられない



ムササビ


野生動物系の作品をまだ紹介していませんでした。
ムササビが木にとまっているポーズです。

ムササビは以前観察会に参加した時、高尾山で見たことがあります。
その時はちょうど子育て直後で親子で出てきてくれました。
高い木から次々と滑空して闇に消えて行きました。
モモンガ・ハンカチ大、ムササビ・ザブトン大と言われてますが、まさに空を舞うザブトン!でした。

滑空ポーズをリアルな作風で作ったことがあるので、こちらはかわいい系で作ってみました。
マニアックすぎてお店には置いておりませんので、私が展示する時くらいしかお目見えしませんがけっこう気に入っている作品のひとつです。





壁掛け


昨年制作したヨウムの木の壁掛けです(ニシウリ作)。
土台から手作りと行きたいところですが、電動ノコ持ってないので模様を浅く浮き彫りするところからが私の仕事です。
とにかく彫刻刀作業が肩にくるので、彫金の仕事の合間にたま~に制作しております。
しばらく作ってないのでそろそろ何か作ろうかと思います。
シルバーと違って色は使いたい放題なので楽しい仕事でもあるんですが。

ヨウムといえば少し前、偶然つけたTVでコンゴのジャングルのドキュメンタリーをやっていたのですが、野生のヨウムの群れが飛翔する姿を見ました。
一見グレイで地味な印象を受けますが、飛ぶとしっぽの赤とグレイ・白の羽が絶妙なコントラストで素晴らしく美しかったです。

ムーミンの好きなもの


アンパンマンの唄、ぬいぐるみのうずらの鳴き声、シャッター音、ジャパネットタカタのタカタ社長の声、ドラマの効果音(救命病棟24時の患者が運び込まれる時)、電卓、はしご。
どういう基準なのか不明。

多肉植物


昨年多肉植物栽培の先輩・「白黒うさ」さんからタニクをたくさん頂きました。
画像はその中の「生き残りの1人」ハウオルチアです。
葉の先が透明でとてもきれいです。
多肉植物はいろんな色や形があって、日光にたくさん当てて水やりは控えめにするだけだそうで栽培はとても楽・・・
と言われているのですが、私はこの他にいただいたタニクたちを台風一過の強い日差し(厳禁だそうです;)に当てて処刑してしまったり日照不足で徒長させてしまったり、とにかく失敗だらけです。
でも一回ダメにしても根性で新しい芽を出してきてくれてるので、なんとか盛り返してくれそうで楽しみです!!

バードフィーダー


ミニカがネット通販で購入した野鳥の餌台です(made in USA)。
毎年手作りしていたのですが、雨ざらしで壊れてしまうこともしばしば。
良い餌台がないか探していたところ、八ヶ岳で輸入の餌台を仕入れている方のHPを見つけたとか。
パッケージが素敵ですね。
海外の庭にはこんな鳥が来るのでしょうか?
庭に設置するとこんな感じです。
ya2.jpg
上の傘部分がスライドするので大きめの鳥用・小さい鳥用と使い分けできるようになってます。
シジュウカラやヒヨドリが早速偵察に来ていますが、まだ様子見みたいです

ライムちゃん


今日は鳥と遊びに納品でBIRDMOREさんへ行ってきました。
納品作業を終え、トリさんたちのいる2Fへ。
いつも店長さんがトリさんたちをケージから出してくれるのですが、毎回時間を忘れて楽しんでしまいます。
画像は現在里親募集中のゴシキセイガイのライムちゃんです。
やはり同じロリキートなので、しぐさや姿が本当にすいかと良く似ています。
良い子なので早く里親さんが見つかるといいですね。
「家にはちっちゃい怖いおばちゃん(=すいか)がいるから連れて帰れなくてごめんね」とライムちゃんに言って帰りました。






ハリネRing


ご注文で作らせていただいたK18ハリネズミリングです。
5匹のハリネがリングをぐるりと行進しています。
ハリネの模様は刻印で打ってあるのですが、自分でデザインしたものを刻印屋さんに作ってもらったMY刻印です。
こんなものを使って制作しています↓

sv7.jpg

まめつぶ


18(水)BIRDMOREに納品予定の「まめつぶマスコット」(ミニカ作)です。
以前ご紹介した「つぶいんこ」より小さく金具付きになっています。
耐久性を考えて芯材も入っていますので、ストラップやバッグのファスナーに付けてもOKです。
いろいろ鳥種があるのですが、今回はオカメ・コザクラなどのほかサザナミ・シロハラなどが入ります。

アホ毛


すいかの「赤帽」にアホ毛が立っているところ。
過激に遊ぶのでいつもこんな状態です。
さらにごはんが液状のローリーネクターなので、これがボンドになってアホ毛が付着したままというマヌケな状態が続くこともあります。
051114_1140~0001.jpg
ムーミンは昨日で薬が終わり、元気も出てきました。
良く飛ぶようになったし(下手だけど。同じコースしか飛びませんが;)良く鳴くようになりました。
獣医さんに伺ったところ、お薬終了、良かったです。

もうすぐトリイベント!

今日は午後イチにハトマメショップへ事務手続きに。
オーナーのhatoさんの制作真っ最中・新作ステッカーを見せていただきました!これはかなり欲しいです!!
来週26(木)から下北沢で始まる「トリノカタチ展2」に出品されるそうで、とても楽しみです。
今回はパワーアップして、お楽しみ企画もいろいろあるようです。
HEE-HAWは残念ながら不参加ですが、作家さんのオリジナル鳥作品がいっぱいなので鳥好きの方はぜひオススメのイベントです。
初日はすごい人なんでしょうね~。














くま


くまは昨年秋、10才の大台を迎えました。
うさぎの世界ではかなりのおばあちゃんです。
一昨年あたりから、持病もちになるまで獣医さん知らずでした。
たぶんどこかに小さなポリープがあるのか、時々お腹を痛そうにしたり少量下血してしまいます。
そういう時は獣医さんからいただいた止血剤を飲ますのですが、症状が治るといたって元気そうにしているので普段は全く普通の生活を送っています。
この年でジャンプも飛び跳ねもするのですからスーパーばぁちゃんです。

くまを連れてきた頃はうさぎのペレットも種類が少なかったのですが、この頃はシニア用もいくつか発売されていてとても助かります。
これからうさぎを連れてくる方は情報も飼料もたくさんありますから、うさぎさんたちももっと長生きできる子が増えるのではないでしょうか。








うさぎ


ニシウリ作:うさぎです。ツヤあり・ツヤ消し二色の仕上げで、ミニウサギに多い模様にしてみました。
うちのくまはネザーランドドワーフという小型うさぎなので、こんなに耳が長くありません。
以前鋳造ミスで金属が足りず、耳が短くなっていて勝手にドワーフ化していたのには笑いました;
こちらは阿佐ヶ谷のお店でご覧いただけます。

動物作品を置いていただいてます。


鳥モチーフの作品が続いていますが、もちろん動物のものも作っています。
こちらは阿佐ヶ谷でHEE-HAWの動物もの(一部)を取り扱っていただいているお店「STONE SPIRE(ストーン・スパイア)」です。
残念ながらホームページがありませんのでこちらで紹介しておきます。
オーナーさんのセレクトなので動物中心ではありませんが、いろんな作家さんのオリジナルビーズアクセサリー・シルバージュエリーがご覧いただけます。
HEE-HAWの動物ものでは、ミニカのビーズ犬・ニシウリの作品では犬・カメ・リス・ウサギなどを置いていただいてます。
お近くにお出かけの時はぜひお立ち寄りください。
赤いハートの看板が目印で、入りやすいお店ですよ。
最寄はJR阿佐ヶ谷駅です。

杉並区阿佐谷南3-28-1
Tel.03-5397-6131
12:00~7:30pm 月(休)

060111_1432~0001.jpg

遊んでます。



051222_1006~0001.jpg
すいかの舌は長くて器用です。
まるで手の代わりのように欲しいものがあるとびよ~んと伸びます。
画像は筒状のおもちゃの中にあるビーズを抜き出して得意になってるところ。
首もびっくりするくらい伸びます。
以前獣医さんの待合室でセキセイ連れてる方がいらっしゃって、セキセイを見ようと首を伸ばすすいかを見て一言「なっが~い!!」とおっしゃってました。
でも脚は短いんですよねぇ・・・
ムーミンと比べると間逆の体型です。

フェネック看板


Birds&Animal~のくせにアニマル話が全然出てないことに気づきました
グッズではありませんがお仕事紹介として・・・
こちらは井の頭自然文化園のフェネックの顔出し看板です。
フェネック舎の前にあるのですが、実はこれミニカデザインなり。
作ったのは業者さんなのですが、けっこう来園者の方に楽しんでいただいてるそうです。
鼻の位置とか深く考えると変なんですけど~
園内にいるワシミミズクの画像も載せておきます。
でっかいです。

ino.jpg

ハトマメショップ


今日はハトマメショップへ納品に行きました。
いつも他の作家さんたちの作品を見せていただいているのですが、毎回作品のアイディアや・ディスプレイなど本当に楽しませていただいてます。
また新しい作家さんが入るそうなので次回の納品も楽しみです。






こうなりました。


3日の日記で作りかけだったもの、こうなりました。
手前は文鳥さん、後ろはサザナミインコ。
サザナミは他の素材では作ったことありますが、シルバーでは初作品です。
サザナミってよくこういう前傾姿勢で止まり木にとまっているので、その姿で作ってみました。
こちらの作品は明日ハトマメショップへ納品予定です。
お近くにお出掛けの方、ぜひお立ち寄りください。
お店はかわいい&素敵な鳥作品でいっぱいですよ!!

ムー公、獣医さんへ


このところフンがゆるい状態が続くので、ムーミンを獣医さんへ連れて行きました。
サザナミはいつもフンゆるいのですがちょっとゆるすぎです。
結局換羽のせいで体力が落ち消化力が落ちているそうです。
消化を助けるお薬をいただきましたので一安心です。

理由はわかりませんがムーミンはなぜか電卓が好き。
キーを押すのをじ~~~っと眺めてます。
机の上に出ていないと電卓の前に行って催促します。
家の経理でもまかせますかね?

私信:作ったばかりのmixi日記、やはりこちらに統合しました。
   早速コメントしてくださったハトさん、ごめんなさい

これは


何になるのでしょうか?
シルエットで想像してみてくださいね。


昨夜の雨とこの寒さで庭の白妙菊が霜で凍りました
白さが冴えわたってきれいですが、こんな寒さに耐えられる植物や野鳥は本当にすごいですね。



お正月ですね。


あけましておめでとうございます。
と言ってもおせちを食した以外はいつもと変わらずケージ掃除から1日が始まりました。
動物飼いの宿命です・・・
今年も動物好きなたくさんの方々に気に入っていただける作品をお届けできるよう、がんばりますのでどうぞよろしくお願い致します。

戌年ということで画像はミニカ作:チワワです。

FC2Ad

まとめ