ニシウリDiary

鳥や動物のオリジナルジュエリー&グッズ“HEE-HAW”の作品紹介と 自然観察や我が家のインコの話題など

ヤマガラのカービング



長らく中断状態だったバードカービングを再開しました。
今回はヤマガラを作ります。

bc4.jpg

高尾山に行った時に観察した、ヤマガラの面白い行動がありましたので作ってみようと思います。
少し斜め上を見上げているポーズに初挑戦、首を捻るようにするのが難しいです。
ずっと休んでいたので、感覚を取り戻すのに時間がかかりそうです。

梅の古木とジョウビタキ



昨日終了した「全日本バードカービングコンクール」から、ジョウビタキが帰ってきました。
今回、ありがたいことに佳作の緑リボンと日貿出版社賞をいただきました。
枝に空洞が空いても花を咲かせる力強い梅の古木と、渡りに備えて獲物を狙うジョウビタキです。
縄張りに時々侵入するルリビタキを追い払った設定で、ルリビの羽が一枚洞に入っています。

bc2.jpg

制作時間が取れず完成までに3年近くもかかってしまっただけに、賞をいただけたことは大変励みになりました。
最後猛ダッシュで仕上げた感のある作品ですが、会場で皆さんの作品を拝見しながらやはりじっくり取り組んだ作品は違うなぁと実感しました。
鳥の形の正確性、彫刻作品としてどの方向からも綺麗な構図であることなど基本的なことが私の場合はダメダメです。
次回は作り始めから構図を良く考えて始めようと思います。
その前にまずはシルバー展ですね。
現在これも猛ダッシュで仕上げ中ですが、間に合うのかな~;

バードカービングコンクールに出品中です。



来月のジュエリー展の前に、「第19回 全日本バードカービングコンクール」に作品を展示しています。
私は中級ライフサイズDにジョウビタキを出品しています。
鳥の生態を忠実に現すだけではなく、芸術作品として堪能できる力作がたくさんご覧いただけます。
上野方面にお出掛けの際は、ぜひお立ち寄りください。

~10/28(金)
9:30~17:30 (入場17:00まで)
最終日14:30終了(入場14:00まで)
東京都美術館(台東区上野) 地下3階ギャラリーA

新宿御苑で展示中です。



今日から鳥工房のバードカービング展が、新宿御苑インフォメーションセンターで始まりました。
私は梅の古木にとまるジョウビタキを出品しています。
何とか展示レベルに仕立てて、昨日無事搬入してきました。
しばらく新しい作品が出来ず旧作ばかりの出品でしたが、今回は久しぶりに新作を出すに至りました。
生き生きとした野鳥の姿を木という素材で、皆さん自由に表現されています。
ぜひ会場で力作の数々をご覧ください。

「鳥工房バードカービング展 翔け木彫りの野鳥たち」
2016.7/10(日)まで
AM9:00~PM4:30 (最終日PM3:30まで)
新宿御苑インフォメーションセンター1階アートギャラリー
入場無料

パーツ制作



新宿御苑インフォメーションセンターで開催される、鳥工房のカービング展が来週に迫ってきました。
制作中のジョウビタキは、仕上げ段階に入っています。
平行して土台に使う様々なパーツも彩色中です。
梅の木の洞に入れるのは木の葉です。
以前撮っておいた木の葉の画像を参考に、一部葉に穴を開けたり縁を欠けさせたりしてみました。
無事搬入できるよう、あと数日ですが頑張らなければ!

カービング展示の関係で自分の仕事が遅れ気味です;
搬入終わったら猛然と進めなければいけませんね。

中塗り中



ジョウビタキ、だいぶ色が乗ってきました。
何回か塗り重ねて少しずつ色を濃くしたり、極薄塗りして色調を合わせたりしています。

carving131.jpg

背中側。
風切りにくらべて、背面はあまり塗っていないので、まだ色に深みがありません。
顔や脚もまだこれからですが、だいぶ先が見えてきました。

下塗り中



ジョウビタキのバードカービングは、彩色を始めています。
資料を見ながら羽色の塗り分けをしていきますが、薄塗りを重ねて下地塗りをしていきます。
急に濃い色を塗ると取り返しがつかなくなるので、毎回絵の具の濃さをどのくらいにするか迷うところです。
だいたい画像より一段階濃くなったくらいで中塗りに入ります。

carving129.jpg

土台も同時進行で彩色しています。
時々鳥部分を土台にセットして、全体がどんな感じか確認しています。
既にいろいろ「自分内ダメ出し」が始まっておりますが、「梅ジョウビタキ」何とか完成させようと思います。

FC2Ad

まとめ