ニシウリDiary

鳥や動物のオリジナルジュエリー&グッズ“HEE-HAW”の作品紹介と 自然観察や我が家のインコの話題など

オカメの補充分

BIRDMOREさんのサイトへ、

チャーム、ミニTOP・・・オカメインコ
ペンダントTOP(M)・・・オカメ・ノーマル

欠品の補充分がUPされました。

ドウバネインコのジャックチャーム、シルバー在庫補充分などUP

BIRDMOREさんのサイトへ、

ジャックチャーム・・・ドウバネインコ、マメルリハ・ノーマル、ルリコンゴウなど
ビーズストラップ・・・キエリクロボタン、オカメ・並、サザナミ・ブルーなど
シルバー・・・TOP(M)オカメのノーマルバージョンほか在庫補充

がUPされました。

羽模様のTOPなど

BIRDMOREさんのサイトへ、

シルバーペンダントTOP(羽に模様入り)・・・オカメインコ、コザクラインコほか
シルバー(M)ピンバッジ・・・オカメインコ、セキセイインコ

その他ペンダントTOP、ミニTOPの再納品分

などがUPされました。

シルバーTOP、UPされました

BIRDMOREさんのサイトへ、

シルバーTOP (M) ・・・オカメインコ、セキセイインコ、ヨウムなど

がUPされました。

ジャックチャーム・ビーズストラップ・シルバーUP

BIRDMOREさんのサイトへ、

ジャックチャーム・・・キエリクロボタン、サザナミインコ、ナナクサインコなど
ビーズストラップ・・・オカメ・シナモン、ヨウム、セキセイ・レインボーなど
シルバーミニTOP・・・オカメ・サザナミなど
シルバーチャーム・・・オカメ

などがUPされました。

青龍社の女流画家 小畠鼎子さんの展示



武蔵野市立吉祥寺美術館で2/26(日)まで、大正末期から昭和にかけて吉祥寺に在住されていた小畠鼎子さんの展覧会が開催されています。
昭和のはじめ川端龍子が創立した青龍社に参加し、子育てをしながら自然に寄り添ったモチーフで素晴らしい作品の数々を描かれていたようです。
戦前・戦中・戦後にかけて制作された作品を、没後ご遺族が寄贈されて修復・額装して展示されています。
池の水や花・鳥など、至近距離で見ると淡いぼんやりとした感じなのにとても力強い不思議な絵を描かれる方です。
井の頭公園にやってくるオシドリやトモエガモ、カイツブリなどの水鳥の生き生きとした姿や梅の大木のひっそりとした佇まいなど、昔の吉祥寺界隈はもっと自然豊かな土地だったのだと思います。
昔よりずっとカモは減ってしまいましたが、ちょうど井の頭の池ではカモが越冬しています。
私は池を眺めてから鼎子さんの展示に行ったのですが、トモエなどは来ていませんが絵の空気を感じることが出来てなかなかおすすめです。
会期中何度も足を運びたくなるような展示でした。

「青龍社の女流画家 小畠鼎子」
2/26(日)まで
10:00~19:30
休館日:2/15(水)・2/22(水)
武蔵野市立吉祥寺美術館
コピス吉祥寺A館7F

シルバーチョーカーなどがUPされました。

BIRDMOREさんのサイトへ、

シルバーチョーカー(丸玉付)・・・オカメインコ、コニュア
シルバーチョーカー・・・セキセイインコ (飛翔ポーズ)
シルバーTOP・・・文鳥、サザナミインコ
シルバーミニTOP再納品分

がUPされました。
再納品以外は少しお値段高めですが、全て型取りしていない一点ものです。

FC2Ad

まとめ