ニシウリDiary

鳥や動物のオリジナルジュエリー&グッズ“HEE-HAW”の作品紹介と 自然観察や我が家のインコの話題など

桜雀



いまだに雪が降り続いている地方に比べれば、関東の積雪量はたいしたことはないのかもしれませんが・・・
今回の雪は凄かったですね。
雪かきする先からあっという間に積もってきて、元通りになってしまって参りました。

久しぶりに壁掛けの図案を考えようとしたら、なかなかうまく描けません;
梅の季節は始まってしまったので、桜なら納品間に合うかなと思い「桜雀」です。
スズメは今季も庭の餌台にたくさんやって来ているので、制作中も観察できそうです。
桜は以前撮りためた資料写真を引っ張り出してきました。
今回もう一枚「桜文鳥」を作る予定です。

タゲリなど

ミニカ撮影の鳥たちです。



タゲリ

ya1026.jpg

光沢のある羽がとても綺麗な鳥です。

ya1027.jpg

冬羽のムナグロ
夏羽は顔から胸が黒く変わります。
餌のミミズを捕えました。

ya1028.jpgya1029.jpg

ベニマシコ
♀(左)、♂(右)

ya1030.jpg

ジョウビタキ♂

ya1031.jpg

ルリビタキ♂

ya1032.jpg

シロハラ

ムラサキシジミ

年末の体調不良を年明けまで引きずってしまった感じです。
天気の良い日に久しぶりに散策できました。



ムラサキシジミが葉の上で日光浴しているのを見つけました。
青紫の金属光沢がとても綺麗です。

mushisan93.jpg

寒い冬に越冬する蝶です。
葉の枯れた部分などに擬態して休んでいますが、晴れているとこうして日光浴に出てくるそうです。

mushisan94.jpg

翅の裏は地味な枯葉色の蝶です。
見かけるときはいつも翅を開かず、ようやく綺麗な色が拝めました。
少し遅めのお年玉を貰った気分です。

2018年もよろしくお願い致します

新しい年が始まりました。
今年もどんな作品が創れるか楽しみです。
どうぞよろしくお願い致します。
年始は例年どうり、我が家のインコたちでご挨拶です。

mumin51.jpg

すいか(17才)、ムーミン(13才)

今季は早くから寒い日が続きヒーターも使用しているのですが、すいかは時々鼻水が出てしまいます。
ヒーターで温度が上がりすぎて暑すぎるのも苦手なので、温度管理がとても難しいです。

ムーミンは脚の腫瘤で再診してもらいましたが、特に変化なく経過観察中です。
今のところてんかん発作も起こさず元気に過ごしています。

2羽とも元々暑さより寒さの方が得意でしたが、今シーズンの寒さはちょっと厳しいので心配です。
年齢のこともありますので気を付けないといけませんね。

それでは、すいか・ムーミンともども、今年もどうぞよろしくお願い致します。

今年もありがとうございました。

2017年もあと数日となりました。
今年もHEE-HAWの作品をお迎えくださいました皆様、ご覧いただきました方々、本当にありがとうございました。
来年も良い作品創りを目指しますので、どうぞよろしくお願い致します。
ブログの締めも自然観察になってしまいましたが、ミニカが撮影してきた鳥たちをご覧ください。



ミヤマホオジロ成鳥♂(左)、♀(右)

ya1021.jpg

ミヤマホオジロ♀

ya1022.jpg

ミヤマホオジロ若♂

ya1023.jpg

巣材を集めるカワガラス

ya1024.jpg

2017年は急流にも負けない、カワガラスに締めてもらいましょう。

御岳の氷の花など



展示が終わってからいろいろ慌ただしいのですが、何とか合間に御岳山へ行ってきました。
画像はケーブル駅を降りた所、御岳平からの眺めです。

pla64.jpg

早朝の冷え込みで下草も凍り、結晶がバリバリです。

pla65.jpgpla66.jpg

今年も見ることができました。
カメバヒキオコシの氷の花。
前日地面から吸い上げた水分が凍り、茎を破って様々な形を作ります。

pla67.jpg

氷の花も気になるのですが時間が早いので、野鳥を探しながら先へ進みます。
途中、コガラ・ゴジュウカラ・ヤマガラ・カシラダカ・ミソサザイ・キバシリなどが観察できました。
画像は長尾平から奥の院方面です。
ここでカケスを観察していた時、近くに大きめな鳥が出てきました。
わずかな時間で証拠写真も撮れませんでしたが、おそらくヤマドリ♀のようでした。
白いウロコ模様のようなものが目立っていたのと、ビジターの方によると標高的にキジは少なめとのことなのでそうだったら大変嬉しいです。

pla68.jpg

ヌルデ?
ウルシの仲間は良く似ていて判りにくいです。

pla69.jpg

ツルリンドウの赤い実

pla63.jpgpla70.jpg
pla71.jpgpla72.jpg

気温が上がると氷の花が溶けてしまうので、引き返してカメバヒキオコシの群落へ向かいます。
何とか間に合いました。
飴細工のような引き模様が綺麗です。

pla73.jpgpla74.jpg

富士峰園地にも鳥がたくさん飛び交っていました。
コンデジなので写真なくてすみません;

pla75.jpg

夏に綺麗な花々を咲かせていたレンゲショウマ。
来年もたくさん咲かせてほしいですね。

pla76.jpg

大塚山へ向かう途中から

ya1018.jpg

さてケーブル駅まで帰ってきたところで、混群に遭遇してしまいました。
しかもコガラが多数!
帰りのバス停が寒そうだけれど、一本見送って観察することにしました。

ya1019.jpg

暗くてショリショリですが何とか証拠写真が撮れました。

mbc1.jpg

案の定、御嶽駅行のバス停は極寒でした;
画像は御岳ビジターセンターで配布している観察情報です。
今回は鳥特集でした。
解説員の方々に鳥の見つけ方・観察のツボなどいろいろ教えていただきました。
ありがとうございました。

ここ最近また観察ブログ化しています。
ついでにこの時の寒さにやられたのか不調・・・
年末までに制作ブログに戻れるか不安です;

冬の寒さ到来



真冬のような寒さが続いています。
ミニカ撮影の野鳥たちです。

ヒドリガモ
左♂、右♀

ya1008.jpg

アメリカヒドリとの交雑種
顔に緑光沢の羽、茶色味が薄くなっています。

ya1009.jpg

ヨシガモ♂
飾り羽が伸びるとさらに綺麗な姿になります。

ya1010.jpgya1011.jpg
ya1012.jpgya1013.jpg

ユリカモメ、オオバン
カワセミ♀、ハクセキレイ

ya1014.jpg

ジョウビタキ♂

ya1015.jpgya1016.jpg

シジュウカラ、エナガ

pla61.jpg

作品展から早くも一か月経ってしまいました。
今年もあと数週間、年内中に出来ることをやっておかなければと思います。

FC2Ad

まとめ