FC2ブログ

ニシウリDiary

鳥や動物のオリジナルジュエリー&グッズ“HEE-HAW”の作品紹介と 自然観察や我が家のインコの話題など

晩夏の上野動物園



用事の前に上野動物園を覗いてきました。
晩夏といってもこの日も猛暑日でした。
シロクマ

2uenozoo.jpg

アシカ

3uenozoo.jpg

スバールバルライチョウ

4uenozoo.jpg

ガラスをつついていますが、どこかで見た顔・・・
我が家のムーミンに似ています。

5uenozoo.jpg

アオメキバタン

6uenozoo.jpg7uenozoo.jpg

カンムリシャコ、テリムクドリ

8uenozoo.jpg9uenozoo.jpg

ハシビロコウ

10uenozoo.jpg
11uenozoo.jpg

コビトカバの潜水(大人気)

12uenozoo.jpg13uenozoo.jpg

マヌルネコ、ハイラックス

14uenozoo.jpg

ワオキツネザル

16uenozoo.jpg

エリマキキツネザル

15uenozoo.jpg

ペリカン

行列が苦手なのでシャンシャンは見ませんでしたが、短時間でいろいろ観察できました。

暑さは今日まで?

遅くなりましたが今回の北海道胆振での地震で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
台風や豪雨・地震と自然災害のレベルがどんどん上がっている時代になってしまいました。
スポーツ庁は必要でも、本当に「防災庁はいらない」んでしょうか?



鳥+動物ピンバッジ、野生ネコ系の原型を作っています。
9月も早1/3近く終わってしまって、この厳しい残暑ですっかりスローペース化してしまいました。
明日からは少し暑さが解消されるそうですが、頭をしゃっきり切り替えて進めようと思います。

多摩動物公園・昆虫編



昆虫館の温室では沢山の蝶が放蝶されています。
アオスジアゲハ

mushisan123.jpgmushisan122.jpg

アゲハ、タテハモドキ

mushisan124.jpg

アオタテハモドキ
温室内で大量発生していました。

~温室内や園内では、飼育されているもの以外の昆虫も観察することも出来ました~

mushisan125.jpg

キイトトンボ
数年前に見たきりなので、嬉しい出会いでした。

mushisan126.jpgmushisan127.jpg

クロイトトンボ、ショウジョウトンボ

mushisan128.jpg

足元近くに何かが猛烈な勢いで不時着しました。
ものすごい金属光沢・・・何とヤマトタマムシ!
初見なので嬉しいです。
ただ飛ぼうとしても飛び立てない様子、どこか調子が悪そうです。
良く見るとお尻から何やら飛び出ているものがありました。
これが原因でしょうか?

mushisan129.jpg

園路のど真ん中だったので人や作業車に潰されそうなので、涼しい木陰に移動しておきました。

短時間でしたが、動物や昆虫までいろいろ見ることが出来て良かったです。

猛暑の中、多摩動物公園へ



秋の展示に向けて動物ものを作るため、動物園へ観察に行ってきました。
急に思い立ったのであまり時間がなく、猛暑の中慌ただしい観察になってしまいました。
画像はチーターです。

tamazoo17.jpg

まだ若い個体のようで、表情にあどけなさがあります。

tamazoo18.jpg

こちらは成獣のキングチーター。
普通のチーターに比べて模様が黒々としています。

tamazoo19.jpg

しなやかで綺麗ですね。

tamazoo20.jpg

あまりの暑さにサイもプールに浸かっています。

tamazoo21.jpg

これだけ暑いとレッサーパンダも動いていないと思いましたが、運よく毛づくろいなどしていました。

tamazoo22.jpgtamazoo24.jpg
tamazoo23.jpgtamazoo25.jpg

ターキン、ペリカン
キリン、ブロンズトキ

この日もこまめに休憩しながらの観察でしたが、かなり堪える暑さでした。
そして暑すぎるせいか今回もタスマニアデビルは寝小屋から出てきませんでした。
涼しくなってからもう一度訪れないとダメですね。

壁掛け一段落



台風が過ぎ去った後、再び真夏の日差しが戻ってきました。
ほんの数日ですが過ごしやすかっただけに、この暑さは堪えますね。

制作時間が細切れで遅々として進まなかった壁掛けですが、彩色が終わり一段落です。
サンコウチョウは思った色が出せて良かったです。
あとは乾燥させてニス塗りしたら仕上げ、秋の展示に無事飾ることができそうです。
BIRDMOREさんへの販売用も作りたいのですが、シルバーに本腰入れなくてはならず少し先になりそうです。

水元公園・昆虫編



チョウトンボ
メタリックに輝く翅が美しいトンボです。

mushisan111.jpg

何とか翅の輝きが写っていました。
実物はもっと綺麗です。

mushisan112.jpg

シオカラトンボ

mushisan113.jpg

蓮の蕾にとまるウチワヤンマ
蕾がもう少し膨らんでいたらもっと素敵でしたね。

mushisan114.jpg

人工物留まりですが、こんなトンボです。
お尻にウチワのようなものがついています。
小首を傾げて辺りを警戒しています。

mushisan115.jpg

ベニイトトンボ
実は「黄色い」トンボを探していたのですが「紅」を与えられました。
実物の大きさは3cmくらいしかありません。
危うく見逃すところでした。

mushisan116.jpgmushisan117.jpg

ミンミンゼミとカミキリムシ?、モンキチョウ

mushisan120.jpg

樹液の出ているクヌギに、蝶や甲虫が蜜を吸いに来ていました。
こちらは外来種のアカボシゴマダラ

mushisan118.jpg

コムラサキがやってきました。

mushisan119.jpg

角度によって紫の光沢が見える綺麗な蝶です。
この蝶も観察したかったので嬉しいです。

植物も昆虫も豊富で楽しかったのですが、猛烈な暑さで参りました。
もう帰ろうと思ったところでベニイトトンボを見つけて撮影を粘っていたら、熱中症になりかけました。
熱中症対策を取っていても、この季節の観察は無理せずが鉄則ですね。
皆様もお気をつけください。

水生植物観察



毎日猛暑が続いていますが、真夏の水元公園へ水生植物と昆虫の観察に行ってきました。

pla158.jpg

小合溜には真っ白な睡蓮がたくさん咲いていました。

ya1072.jpg

いつも冬鳥観察で来ていたので、夏の光景は全然違うので新鮮でした。
睡蓮の淵を歩くアオサギを見つけました。

pla159.jpgpla161.jpg
pla162.jpgpla160.jpg

蓮も見頃。
黄色い花はアサザ、水元は都内唯一の自生地で手厚く保護されています。
白い花はガガブタという変わった名前の植物です。

pla163.jpg

オニバス
葉も茎も棘だらけですが、花びらの紫色が何とも美しいです。

pla164.jpgpla166.jpg

オニバスの葉の展開
左が広がる前の様子で、裏側まで棘でびっしり覆われています。

pla165.jpg

写真を撮っていると、ヤマトシジミが吸蜜にやってきました。

pla168.jpgpla169.jpg
pla167.jpgpla170.jpg

コウホネ、サルスベリ
ノブドウ、ヒルガオ

FC2Ad

まとめ